[Basic]Lesson-2声を下へ落とす

kuju
kuju

しつこいようですが声に出すことが重要です

今回のまとめです
・喉と力を抜くことで音をボトムエリアに着地させる
・非アクセント部分はアクセント部分から落ちていく勢いに載せてボトムエリアで発音
・音と音が途切れないようになめらかに繋ぐ

発音矯正と英会話のHORST

コメント

  1. Naoya Hama より:

    谷間になると喉が開いているのが感じられるようになりました

    最初この発音法が申し訳ないのですが恥ずかしかったですが

    言えるようになって 指導の意味が分かりました

    言えると気分が良いですね

    ありがとうございます。

    • Kuju より:

      最初のうちは発音練習が恥ずかしいのはとてもわかります。
      私も最初そうでした(^^;;)

      喉が開いている感覚がつかめると、喉を閉めないということが意識的にできるようになります。
      ついつい喉に力が入りがちなので、喉を緩めることを常に意識してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました