HORSTの英会話サービス一覧

03.大人英会話の記事

このページでは、HORSTで活動している英会話を解説します。ご自分の「弱点克服」や「好みに合った」ものを読んでみてください。

kuju
kuju

皆さんに初めに言いたいことは
「英語は難しくないと思うことから始めましょう」

難しいと感じている人の多くは
「難しいやり方をやらされてきた人」です。


私をちょっとだけ信じて、英語の基礎を学んでください。
きっと英語が好きになります♡

わざと難しいやり方
遠回りの方法を教えている人
へんな教材
が世の中にはたくさんあります。それはもうおしまいにしましょう!

このページでは、なにが原因で身につかないのか?
どうしたら身につくのかを解説します。
※無料ダウンロードの資料があるのでお試しください。

よくある「英語が話せない人」の話

上の図はHORST生徒さんや知人から聞いてきたものを要約したものです。
たぶん多くの人が当てはまるのではないでしょうか?

実はこれ。
「半分正解」です。

しかし、このまま勉強していくと

 このままではたくさんの「不安」と「間違い」を重ねていく可能性がすごく高いです。

英語がペラペラになりたい

英語がペラペラになりたい方にこれからお話しするのは
1、効率よく
2、自分の力で
3、一番確実な方法

で英語を身につけるお話になります。

英語を話すステップ

英語が話せるようになるためには

【語彙力】【文法】【発音】

【ライティング&スピーキング】

【リーディング&リスニング】

 これらの能力を偏ることなく伸ばして行くことが大切です。HORSTでは英会話を習得する方法を下の図のように考えています。

ステップ0から順番に進んでいくと、英語はしっかり身に付きます。でも、これを見て

こんなにやらなきゃいけないの?
ちょっと無理そうだなー。

と思った人は「独学のススメ」を読んでみてください。きっと勇気がわいてきます。

ステップ0

独学のススメ

 英語の勉強方法、努力の方向を間違わないようにつくったガイドブックです。高い教材を買わなくても、留学をしなくても、独学でも英語は話せます。

 こちらは印刷すると他小冊子になります。

画像クリックで「独学のススメPDF」が開きます。
関連記事

ステップ1:3つの基礎

会話は
「覚えたものを取り出す」のではなく
「自分の気持ちを伝える」ことですよね。

そのためには、3つの基礎が必要になります。

単語を2000個覚える

なぜ2000語なのかは独学のススメを読んで頂いたとして、ここでは割愛します。

2000語は一日10単語覚えたら、200日でクリアできますね。
「一日10単語も覚えられない!」と声が聞こえてきそうですが、覚えられます。それがすごろく式単語力増強法です!

画像クリックで「STZPDF」が開きます。
関連記事:英語が話せるようになる最初の単語帳

中学3年生までの文法を勉強する

「中学3年生までの文法があれば、自然な英会話が出来る」ので、中学3年生までの文法を

【動画】【オリジナルテキスト】

の二つをセットでわかりやすく教える[Grammar Booster]。関連記事からサンプル動画もご覧いただけます。

関連記事:GrammarBooster

※Grammar=文法 Booster=アップさせる

ステップ2:英作文をする

「会話」を言い換えると「瞬間作文」になります。

つまり【英会話=瞬間英作文】ということです。

それは【3つの基礎】を上手に使う「トレーニング」で身について行きます。
突然できるようになることはまずありません。

kuju
kuju

最初のうち
会話はたどたどしくて、いいんです。
身振り手振りに頼っても、いいんです。

一生懸命に話をして
すこしずつ成長させていくのが
英会話だと思っています。

ステップ3:実際に会話をしてみる

kuju
kuju

HORSTは
フィリピンの語学学校DETiと提携しているので
HORST生徒さんに「実際に会話をする」そんな機会も紹介しています。

英語を好きになるところから始めましょう

kuju
kuju

いかがでしたか?
生徒さんたちが
英語をどうやったら好きになるかなー?
と考えていたら、いっぱいコースが出来てしまいました。

ちなみにホームページは業者さんに任せないで、事務員さんと私でつくってます。
きっと今後もいろいろ増えていきます。

さて、
HORSTに入りたての生徒さんたちはよくこういっていました。

英語の勉強が一番苦手でしたー!
文法も単語も大嫌いです。

大人になってから、英語を勉強しようと思ったらやっぱり嫌いみたいなんです。どうしましょう。

よく言われますが大丈夫ですー。

学校の勉強はどうしても
「テストの点数」「受験」「評価」
そんな言葉ばっかり。

でも、本当は英語って

「コミュニケーション」を取るためのものなんですよ。

【独学のススメ】に書いたように
最初は「5歳児レベルの文法で話すこと」をゴールに目指す。
きっと一生懸命話をしているあなたの姿をみて、相手はゆっくり話をしてくれます。


英語が通じたら「嬉しい」
知っている単語があったら「楽しい」
本当の英語は「嬉しい・楽しい・面白い」ものなんですよ。
HORSTでは、みんなが英語を「面白い」とおもってもらえるように、いろいろ開発していきます。

タイトルとURLをコピーしました