[英会話]英会話習得の解説書

03.大人英会話の記事

 まず、

kuju
kuju

英語は難しくないです!
難しいと感じている人の多くは
「難しいやり方をやらされてきた人」です。

 難しいやり方・遠回りの方法を教えている人・教材がたくさんあります。それはもうおしまいにしましょう!

 英語は「身につけてから」が楽しいです。
 英語は「コミュニケーション」のための言語です。
 私をちょっとだけ信じて、英語の基礎を学んでください。

このページでは、なにが原因で身につかないのか?どうしたら身につくのかを解説します。
※無料ダウンロードの資料があるのでお試しください。

よくある「英会話習得」へのイメージ

解説の前に、ちょっと質問です。
・あなたが英会話を身につけようとおもったら、まず何をしますか?
・どうやって勉強したら、英会話が身につきますか?

もうすでに身についている方は昔にもどって考えてみて下さい。


上の図はHORST生徒さんや知人から聞いてきたものを要約したものです。
たぶん多くの人が当てはまるのではないでしょうか?

実はこれ。
「半分正解」です。

しかし、このまま勉強していくと

 たくさんの「不安」と「間違い」を重ねていく可能性がすごく高いです。

英語がペラペラになりたい

高額なお金と豊富な勉強時間があれば心配はいりません。

これからお話しするのは

1、効率よく

2、出来るだけお金は使わず

3、自分の力で

英語を身につける方法になります。

英語が話せる方法は?

英語が話せるようになるためには

【語彙力】【文法】【発音】

【ライティング&スピーキング】

【リーディング&リスニング】

 これらの能力を偏ることなく伸ばして行くことが大切です。
HORSTでは英会話を習得する方法を下の図のように考えています。

大事なことは「独学のススメ」にギュッと詰め込みました。
無料でダウンロードできるので一度読んでみてください。
これがあれば基礎知識はバッチリ。

独学のススメ

 英語の勉強方法、努力の方向を間違わないようにつくったガイドブックです。高い教材を買わなくても、留学をしなくても、独学でも英語は話せます。

 こちらは印刷して、[表紙は谷折り][他のページは山折り]して、ホッチキス等でとめてもらえれば、小冊子になりますので是非印刷してお使いください。

画像クリックで「独学のススメPDF」が開きます。
関連記事

3つの基礎

会話は
「覚えたものを取り出す」のではなく
「自分の気持ちを伝える」ことですよね。

そのためには、3つの基礎が必要になります。

単語を2000個覚える

なぜ2000語なのかは独学のススメを読んで頂いたとして、ここでは割愛します。

2000語は一日10単語覚えたら、200日でクリアできますね。
「一日10単語も覚えられない!」と声が聞こえてきそうですが、覚えられます。それがすごろく式単語力増強法です!

画像クリックで「STZPDF」が開きます。
関連記事:英語が話せるようになる最初の単語帳

英語のリスニングをする

外国の方が話す英語と
日本人の使う英語は同じ英語でも「音」が全く違いますね。
習ったはずの単語も「聞き取れない」「伝わらない」では会話ができません。そんな悩みを解決するのが[聞こえる英語オンライン]

関連記事:聞こえる英語オンライン

中学3年生までの文法を勉強する

「中学3年生までの文法があれば、自然な英会話が出来る」ので、中学3年生までの文法を

・動画

・オリジナルテキスト

の二つをセットで購入、わかりやすく教える[Grammar Booster]。関連記事からサンプル動画もご覧いただけます。

関連記事:GrammarBooster

※Grammar=文法 Booster=アップさせる

英作文をする

会話は、言い換えると「瞬間作文」になります。

英会話=瞬間英作文
それは毎日のトレーニングで身について行きます。
突然できるようになることはまずありません。

最初のうち
会話はたどたどしくて、いいんです。
身振り手振りに頼っても、いいんです。

一生懸命に話をして
すこしずつ成長させていくのが
英会話だと思っています。

タイトルとURLをコピーしました